性病 性器カンジダ症

性器カンジダ症とは?

 

 

 

原因

 

カビの一種。もともと、人間が持っている菌のひとつで、体調を悪化させるなど、なんらかの原因でそれが性病の症状として出てきます。
もちろん、性行為でも感染することがあります。ただし、基本的には人がもともと持っているものです。

 

発症する病気

 

男性の場合
亀頭のかゆみやただれ。
尿道炎。

 

女性の場合
排尿障害。
性器の炎症。
ヨーグルト状のおりものの増加。

 

基本的には、風邪、疲労、ストレスで体調を崩した時に、
これらの症状が出てきます。

 

女性の場合は、妊娠時のストレスで、カンジダ症があらわれるケースもあります。

 

少数ですが、ステロイド剤や抗生物質の乱用で、
症状が出てくる人もいます。

 

感染が続くと・・・・

 

感染したまま、オーラルセックスを知らないあいだにしていると、
口腔内にもカンジダが繁殖します。

 

そうすると、口腔カンジダ症やカンジダ性口内炎を起こすことになります。

 

放っておくと、再発しやすくなり、
通院して治ったと思っても、すぐに再発ということになりかねません。

 

通気性のいい下着などを履くことで、
カンジダ菌が住みづらい環境をつくることが大切です。

 

治療方法

 

飲み薬、塗り薬、膣に入れる薬とあります。治りますが、再発もしやすい病気ですので、
似たような症状が出たら、すぐに病院に行ってください。

 

できれば、馴染みの病院を作っておくと楽ですよ。

 

また、自分ではビタミンを多く取れるように気をつけましょう。

 

 

 

関連ページ

クラミジアについて
最も有名な性病・クラミジア。クラミジアについてあなたはどれくらい知っていますか?クラミジアの情報は無料で提供しています。
淋病について
クラミジアと並んで、有名な性病が淋病です。クラミジアより知名度は低いですが、クラミジアよりも厄介な性病と言える性病です。この性病が女性に増えている事をあなたは知っていますか?
エイズについて
性病のひとつで最も有名なものがエイズ(HIV)です。偏見に満ちた正しくない知識も出ています。正しい知識を身につけて、エイズを恐れすぎず、甘く見ることなくきちんとした姿勢で対峙したい性病です。
梅毒
梅毒は昔の性病なんて思っていませんか?今でも、梅毒は1~2%で、感染者が推移しています。海外から持ち込んできたり、海外の人がこちらで、広めたり、昔の病気だと決め付けることはできない性病なんですよ。
B型肝炎
性病にはどんな種類があるかご存知ですか?クラミジア・淋病だけではありませんし、昔の性病と思われている梅毒もバカにはできません。そんな性病の種類について解説しています。
C型肝炎
性病にはどんな種類があるかご存知ですか?クラミジア・淋病だけではありませんし、昔の性病と思われている梅毒もバカにはできません。そんな性病の種類について解説しています。

 
ホーム 性病の種類 検査キットランキング Q&A