クラミジア

クラミジアについて

 

 

 

原因

 

クラミジア・トラコマチスという細菌によって引き起こされる感染症。
近年は男性よりも、若い女性の感染の拡大が心配されている。

 

発症する病気

 

男性の場合
尿道炎、精巣上体炎。

 

女性の場合
子宮頸管炎、卵管炎、卵管周囲炎。

 

これらが進行すると、男性の場合は、精子がつくられない無精子症。
女性の場合、子宮外妊娠や不妊症の原因となります。

 

男性、女性、どちらの場合も放置しておいていいことはありませんし、
不妊の原因になります。

 

感染が続くと

 

特に、膣を通って生まれる子供への母子感染が心配されます。
クラミジアは粘液・粘膜に感染します。

 

赤ちゃんの場合、目にあたります。

 

ここに、感染すると、失明する恐れがあります。

 

ただ、きちんとかかりつけの病院に通っている場合は、
性病の検査もきちんとされるので、母子感染の心配はほとんどありません。

 

他の性病を併発しやすい

 

クラミジアに感染すると、
淋病やエイズの感染率が上がることがわかっています。

 

混合感染の場合、治療も複雑になるので、
医師の指示をきちんと守ってください。

 

治療方法

 

クラミジアは特殊な増殖方法を取ることで知られる細菌です。

 

なので、クラミジアに効く薬を1週間ほど投与されることがほとんどでした。
ただ、今は最初に飲んで1週間後には体から菌がいなくなるような薬も開発されているので、
疑問に思うことがあれば、すぐにお医者さんに聞いてみましょう。

 

この用法を守らないと菌がいなくならないので、
かならず言われた分量を言われた通りに飲むようにしてください。

 

治る性病ですので、感染がわかっても慌てず、
近くの病院を受診してください。

 

 

感染が続くと・・・・

 

強いかゆみがずっと続いたり、
おりものが白いドロッとしたものにかわったり、男性は亀頭から分泌物が出てきたりします。

 

また、性器の外部が真っ赤に炎症することが見られます。

 

病院に行くのはもちろんですが、
ストレスを溜めすぎないように、などご自身の体調管理に気をつけてください。

 

 

治療方法

 

膣の座薬を用いいたり、膣の洗浄、軟膏を塗るなどで、対処します。
よくあるのが、薬を用いてすぐに症状が引くので、もういいかな、と薬を使うのを忘れて、さらに悪化させる場合です。

 

どの性病でも同じですが、
きちんと医師の指示に従ってください。

 

基本的には人間が持っている菌ですので、
体調管理の徹底や、通気性のいい下着をはくなど、
自分の体調や性器にいいことを心がけてください。

 

治療しても、根本を直さないと、再び悪化する場合があります。

 

性行為を気をつけるよりも、
日々の生活に気をつけなくてはいけない性病です。

 

関連ページ

淋病について
クラミジアと並んで、有名な性病が淋病です。クラミジアより知名度は低いですが、クラミジアよりも厄介な性病と言える性病です。この性病が女性に増えている事をあなたは知っていますか?
エイズについて
性病のひとつで最も有名なものがエイズ(HIV)です。偏見に満ちた正しくない知識も出ています。正しい知識を身につけて、エイズを恐れすぎず、甘く見ることなくきちんとした姿勢で対峙したい性病です。
梅毒
梅毒は昔の性病なんて思っていませんか?今でも、梅毒は1~2%で、感染者が推移しています。海外から持ち込んできたり、海外の人がこちらで、広めたり、昔の病気だと決め付けることはできない性病なんですよ。
性器カンジダ症
性病にはどんな種類があるかご存知ですか?クラミジア・淋病だけではありませんし、昔の性病と思われている梅毒もバカにはできません。そんな性病の種類について解説しています。
B型肝炎
性病にはどんな種類があるかご存知ですか?クラミジア・淋病だけではありませんし、昔の性病と思われている梅毒もバカにはできません。そんな性病の種類について解説しています。
C型肝炎
性病にはどんな種類があるかご存知ですか?クラミジア・淋病だけではありませんし、昔の性病と思われている梅毒もバカにはできません。そんな性病の種類について解説しています。

 
ホーム 性病の種類 検査キットランキング Q&A