性病 種類

性病にはどんな種類があるの?

 

 

 

性病には、クラミジアや淋病といった自覚症状がないものから、コンジローマのように、あきらかに性器や性器周辺に異常が出てくるものがあります。大切なのは、性病の知識を正しく持って、無知過ぎないこと、心配しすぎないことが大切です。目に見えない性病は一度、自宅検査で検査しておくと便利ですよ。

性病の種類記事一覧

クラミジア

原因クラミジア・トラコマチスという細菌によって引き起こされる感染症。近年は男性よりも、若い女性の感染の拡大が心配されている。発症する病気男性の場合尿道炎、精巣上体炎。女性の場合子宮頸管炎、卵管炎、卵管周囲炎。これらが進行すると、男性の場合は、精子がつくられない無精子症。女性の場合、子宮外妊娠や不妊症...

≫続きを読む

 

淋病

原因淋病とはNeisseria gonorrhoeaeという病原菌が原因の性病です。性器のみでなく、クラミジアと同様口の中でも繁殖する菌です。発生する病気男性の場合尿道炎、精巣上体炎。女性の場合子宮頸管炎、卵管炎、卵管周囲炎・腹膜炎女性の場合、長期感染すると骨盤内炎症性疾患になり、一生涯、腰痛、腹痛...

≫続きを読む

 

エイズ(HIV)

死の病として、恐れられるエイズ(AIDS)は、日本で増え続けている性病です。特に、リスクのある人たちの検査はまだ全然終わっていない。という旨の発表もあり、早期の検査拡大が望まれる性病です。原因HIV(ヒト免疫不全ウィルス)が感染して起こります。抗体ができても、抗体と共存するのがエイズの特徴です。発症...

≫続きを読む

 

梅毒

新選組が好きな人なら、芹沢鴨が梅毒にかかって死んだのでは?という話は知っていますよね。でも、幕末の昔にしかなかった性病ではないんです。今もなお、1~2%では推移していしる現在進行形の性病なんです。原因梅毒は梅毒トレポネーマという細菌の感染によって起こる慢性の全身性感染症です。症状のある顕性梅毒と症状...

≫続きを読む

 

性器カンジダ症

原因カビの一種。もともと、人間が持っている菌のひとつで、体調を悪化させるなど、なんらかの原因でそれが性病の症状として出てきます。もちろん、性行為でも感染することがあります。ただし、基本的には人がもともと持っているものです。発症する病気男性の場合亀頭のかゆみやただれ。尿道炎。女性の場合排尿障害。性器の...

≫続きを読む

 

B型肝炎

放っておくと、肝臓がんや肝硬変につながってしまう病気です。性交渉だけが感染経路ではありませんが、性行為でも感染してしまうので性病にも分類されています。原因B型肝炎ウイルス(HBV)というウイルスが感染して起こる肝炎をB型肝炎と言います。B型肝炎には急性と慢性があり、急性の場合は、そのまま治ることがあ...

≫続きを読む

 

C型肝炎

C型肝炎は、B型肝炎よりも症状が軽く、自覚症状が出にくい肝炎です。その分、感染に気がつくのがB型肝炎よりも遅れるという怖さをもっている性病です。原因C型肝炎は、C型肝炎ウイルス(HCV)の感染によって起こる肝炎です。症状がB型より軽いため、長期の感染に気づかずに、肝硬変、肝臓がんになる人がいます。特...

≫続きを読む

 

 
ホーム 性病の種類 検査キットランキング Q&A