膣トリコモナス症

膣トリコモナス症とは?

 

 

 

女性が注意しなくてはならない性病が、膣トリコモナス症です。
性行為がなくても性病がうつってしまう厄介な性病です。

 

原因

 

肉眼で見分けることができない原虫が性器内に入り込み炎症をおこす性病です。
原虫とはゾウリムシのようなもので、自ら動けるので、性行為がなくても感染してしまうんですね。

 

発症する病気

 

男性の場合
軽い尿道炎の症状が出ます。時に、前立腺炎。
膿が出たり、排尿時に痛みがあったりします。
ただ、男性の場合、尿でトリコモナスの原虫が外に排出されることがあります。

 

女性の場合
卵管の炎症。
あわ状の悪臭の強いおりものの増加
外陰部や腟の強いかゆみや痛みが襲う。
ただし、おりものの悪臭は、女性の場合、月の周期やストレスでもよく起こるので注意が必要です。

 

 

感染が続くと

 

男性の場合、おしっこで洗い流されてしまうこともあり、
重度にはなりにくいと言われますが、感染が長引けは、生殖活動に障害が出ます。

 

女性の場合も、クラミジアや淋病と同じで、
卵管の炎症により、不妊症、早産、流産の可能性を高めてしまいます。

 

 

感染経路

 

性行為はもちろん、
原虫なので、その原虫が生きている下着、タオル、便器、浴槽で感染することがあります。

 

浴槽での感染と書くと、
旅館や銭湯などの公的な風呂場での感染が怖くなりますが、
こういう場所は、お湯を循環させ、殺菌消毒を行っているので、必要以上に恐れる必要はありません。

 

タオルの使い回しや、誰かが座ったあとのトイレの方が、危険と言えます。

 

衛生上不潔なトイレは極力使わない。
殺菌用のアイテムがあるところでは、それらを使う。
アルコール系の消毒液をトイレットペーパーにつけて、便座を拭くなど。

 

です。

 

誰かのタオルを使いまわして、性器に違和感を覚えたり、
不潔なトイレを使ったあとでなんだか不安なことがあったりすれば、
まずは、検査をしましょう。

 

ただ、ほとんどの検査キットで、
一括検査キットにしか入っていないので、検査費用が高くなります

 

注意してください。

 

治療方法

 

医師の処方する薬を飲むか、幹部に塗ることで治療します。

 

治療前、治療後にきちんと原虫を顕微鏡で確認し、
原虫がいなくなれば治療完了です。

関連ページ

淋病
性行為がなくても感染する性病をご存知ですか?性行為が未経験でもうつってしまう性病はあるんです。その性病のことを知りたいなら。
性器カンジダ症
性行為がなくても感染する性病をご存知ですか?性行為が未経験でも性病になることはあります。もともと人間が持っている菌による場合があるんですね。

 
ホーム 性病の種類 検査キットランキング Q&A