バッドチェック 実際

バッドチェックとは?本当に性病検査ができるの?

 

さて、ティッシュに、おしっこをかけるだけで性病かどうかを判断できるとして、
ネットで話題になっているアイテムが「バッドチェック(BADCHECK)です。

 

なかなか性病検査をしてくれない風俗店では重宝されているそうです。
実際に「バッドチェック」を売っている楽天のクチコミをみるとそれらしき書き込みがありました。

 

 

「バッドチェック」ってそもそも何ができるの?

 

こんなふうにかけるそうです。

 

私は実際には使いませんでした。
そもそもこれは性病かどうかという確かな検査ができないものなんですね。

 

それはここに書いてあります。

 

 

裏に小さいですが【ジョーク玩具】って書いてあるんですね。

 

これは、玩具(おもちゃ)に分類されるものなんです。

 

一応、ティッシュに尿をかければ、酸性・アルカリ性・中性がわかり、その状態によっては、性病や糖尿病の可能性があるそうです。

 

ただ、尿はその日に食べたものの影響も受けるので、
酸性やアルカリ性になったからといって、すぐに異常というわけではないんですね。

 

名前のとおり、「バッドチェック」あくまで、悪い可能性をチェックする!というものなんですね。

 

じゃあ、「バッドチェック」ってで法的にダメなんじゃないの?

 

「バッドチェック」を買ってもいない人が好き勝手にブログなんかで書いていますよね。

 

「バッドチェック」は根拠もない商品で、法律にひっかかるんじゃないかと。

 

でも、上の画像を見てくださいね。

 

しっかり、食事によっても色が変わりますって書いてありますし、何度も異常という反応が出た場合に、きちんと検査をしてください。と書いてあります。

 

 

検査の見方も書いてあります。

 

検査の精度、確かさという意味では、話にならないアイテムですが、
性病検査のはじめの第一歩には意味があるかもしれません。

 

同封されている説明書にも、検査用のティッシュの袋にも、これは何かしらの病気のてがかりです。

 

と書かれています。

 

検査をすること、前提として、
または、検査のためのはじめの一歩としては、使えるアイテムと言えそうです。

 

あくまで、軽くチェックできる、という商品になっています。

 

 

やっぱり、検査は法的に認められているものを!

 

ネットの口コミのように、必要以上に消費者をだましたり、あおったりしているものではないことがわかりました。

 

きちんとした検査を前提にするなら、使ってもいいと思います。

 

ただ、買ってみて確認できたのは、
結局、きちんと根拠のある検査をしないといけないということです。

 

性病検査なら、病院、保健所、性病検査キットですね。

 

この「バッドチェック」以外にも、海外の輸入商品で、完全に自宅で結果が出るものがあるそうです。

 

「バッドチェック」はあくまで玩具として売られていますが、
個人輸入のものだと、医療品だと勘違いしてしまいますので注意してくださいね。

 

結論。

 

「バッドチェック」は親切なジョーク玩具。
以上です。

 

やっぱり、検査はきちんとしたところで行う。これが鉄則ですね。

 


 
ホーム 性病の種類 検査キットランキング Q&A