STDチェッカー 注文

STDチェッカーでせっかくなので、血液検査もしてみました。

 

「STD研究所」のSTDチェッカーもせっかくなので、
使うことにしました。

 

クラミジアと淋病の検査は、「ふじメディカル」で陰性の結果をもらったので、
STDチェッカーではエイズ(HIV)の血液検査をすることにしました。

 

性病の自宅検査サービスで、
一番手間がかかるといわれるのが血液の採取です。

 

実際のところ、どうなのか?
そして、STDチェッカーが、「ふじメディカル」のキットよりも、1000円以上高いのはなぜか?

 

このあたりも知りたくなって、注文してみることにしました。

 

 

 

 

見やすい!
というのが第一印象でした。

 

直感で操作できるので、インターネットから注文しやすいように考えられているんだなぁと思いました。

 

 

 

 

配送の方法も、
見た目でパッとわかります。

 

ちょっと時間がかかってもいいので、
メール便にしました。

 

送料が無料になるので、キット以外のお金を払いたくない人にはぴったりです。

 

銀行振込は面倒なので、カードで支払いました。

 

 

 

最近はカード決済の代行会社のセキュリティもしっかりしていますし、
カード会社自体の保証も手厚くなっているので、昔ほどの抵抗はないですね。

 

血液検査はなんだか痛そうで、怖そうで、
ちょっとドキドキしますね。

STDチェッカーが届きました。

 

というわけで、届きました。
メール便にしても2日で届きました

 

だったら、無理に送料がかかるよりも、
私はメール便でいいなと思いました。

 

これは人によりけりですね。

 

そして、「ふじメディカル」と同じで縦長です。

 

白い分、STDチェッカーのほうが、なんだろう感が強いですね。

 

 

 

中を開けるとこんなふうになっていました。
最初の感想は、『スタイリッシュ!』です。

 

性病の検査って、陰気でネチネチしてるってイメージですが、
こんなデザインだと血液検査の怖さがちょっと和らぎますね。

 

 

 

性病について。
性病検査についての冊子も入っていました。

 

性病についての正しい知識も大事にされているんだなと思いました。

 

検査だけ、じゃなくて、
性病とどう現代人は関わっていかないといけないか。

 

それを考えさせてくれますし、
値段が高い分だけ、冊子や解説書に力が入っています。

 

 

 

ランセット(血液を採取するキット)の説明書です。
めちゃくちゃ解説が丁寧で、絵も入っているので、迷わずできます。

 

 

 

 

 

上から、キットのセット一式です。
右下のほうにあるピンクと白のが指に指す針です。
予備も最初からついているので心強いです。

 

痛そう・・・・

 

と思っていたのですが、実際にやってみると、『あれ、指に何か当たったかな?』という感じでした。
きちんと指を圧迫して、刺せばほとんど痛みは感じません。(そのやり方もきちんと解説されています。)

 

そして、実際にろ紙に血をつけると、
こんな感じになります。

 

指をあたためて、ほぐすのに、10分くらいかかりましたが、
採血は2,3分で終わりました。

 

尿検査と一緒で、血液検査も『え、こんなもん?』という感じでした。

 

それに、STDチェッカーにして正解だったなと思いました。

 

解説書も丁寧で、冊子がついてくるので、
性病へのなんだかわからない漠然とした不安が、だいぶ和らぎました。

 

 

 

後は、投函して終わりです。

 

エイズの検査結果を待つので、ちょっと怖いですね・・・・

 

不安ですが、結果も知りたいので、
我慢して日々を過ごそうと思います。

 

ちなみに・・・・・

 

 

ランキットですが、
一度針が出てくると、どんなに強く押し付けても、
針は出てきません。

 

二次感染の恐れもないということですね。

 

このランセットは使用したものも、使用しなかった予備も、返送します。

 

医療器具といえるものですからね。
きちんと指示通り返してくださいね。

 

 

>>>>STDチェッカーの検査結果が届いた、へ

 


 
ホーム 性病の種類 検査キットランキング Q&A